小田山荘・蓼科高原ゲストハウス
 
ゲストハウス
ゲストハウス トップ
山荘はこんなところ
山荘での過ごし方
山荘の設備・備品
交通案内(アクセス)
周辺地図(検索)
メールでのお問合せ

蓼科日記

ご予約案内

小田山荘ゲストハウスはワークプレイス・リサーチ・センター(または小田毘古個人)関係以外の方のご利用 はできません
ご利用料金について
ご利用状況
利用申し込み
変更・キャンセル

蓼科の情報

蓼科・東急リゾートタウン
周辺観案光内(リンク)



        ようこそゲストハウスへ

高原へいらっしゃい
Welcome to Tateshina Guest House

 

 今 年 の 冬 は 早 く や っ て き ま し た。 も う 志 賀 高 原 や 八 方 尾 根 で 滑 走 可 能 な ス キ ー 場 も あ り ま す。 和 室 に こ た つ を 置 き 、 酒 を 酌 み 交 わ し な が ら 眺 め る 窓 外 の 雪 景 色 は こ の 上 な く 美 し い の で 堪 能 し て み て は い か が で し ょ う か 。   

      ★★★ 新着情報 ★★★
       (2017.12
.1更新)

=========================================================================

★★雪降りて、冬美しく、酒交わす★★


 今年の冬は早くやってきました。

 もう志賀高原や八方尾根で滑走可能なスキー場もあります。

 山荘が雪に包まれるのはクリスマスの頃からでしょうか。

 和室にこたつを置き、酒を酌み交わしながら眺める窓外の雪景色はこの上なく美しい。
 
 

★★冬のご利用は3泊以上で★★


 使っていないときは水を止めていて、使うときに水入れ作業に行きます。
 室内は零下10℃になることもあり、ストーブ全開でも20℃になるには半日以上かかります。
 1、2泊程度では寒い思いだけで終わるので、冬のご利用は3泊以上を原則としております。

 日本には冬のバカンスの習慣は根付いていませんが、山荘を3泊以上、ご利用になり、
 冬の蓼科のすばらしさを体験して、冬のバカンスの習慣を根付かせては如何でしょうか。
 


 小田山荘ゲストハウスはヨーロッパアルプスのシャレーを参考にして開設されました。
 特にチロルのシャレーです。
 広く快適なリビング、最新の調理器具、必要な調味料、清潔な寝具、無線LAN、
 コンプリメントワインやキャンディなど長期滞在に必要なサービスをそろえてあります。
 空いている日を予約状況表を見て、ぜひお出でください。
 


★エコーラインがビーナスラインにドッキング★

 長い間工事をしていたエコーラインもようやくビーナスラインとつながりました。
 これにより諏訪南からドッキングの渋川橋交差点まで20分、ここから山荘まで
 15分の近さに短縮されました。
 また、わかりにくさも解消されすっきりと蓼科の小田山荘まで来れるようになり
 ました。

  諏訪南からのアクセスが便利になりました。(交通アクセス情報)
 

=========================================================================

========================================================================= 


★奥志賀高原ブルーエは新生・ブルーエとして「B&B主体の宿」に変わりました★

 


B&B主体の宿になりますが、夕食の用意も可能です。


冬の予約も週末を中心に埋まってきています。
早目のご予約をお願いします。

詳細はお問い合わせください。 
 
TEL0269-24-2870

ブルーエ
            (上記をクリックすると案内にリンクします。)
 

========================================================================= 

   『ワークプレイス蓼科日記』を掲載し ています。

山荘での日々をお知らせしております。

『ご予約案内』(利用状況ご利用料金)をご覧ください。

◆小田山荘ゲストハウスはワークプレイス・リサーチ・センタ、
  (または小田毘古個人)関係以外の方のご利用はできません。
(所在地)
 長野県茅野市蓼科高原東急リゾートしらかば台1-1-5 小田山荘
(連絡先)
 〒191-0012 東京都日野市日野2951-3   小田毘古
 TEL/FAX 042-584-4617
 
電子メール連絡先(←ここをクリック)

 私の若い頃からの夢でした高原のスローライフがようやく実現しました。
2004年夏のオープン以来、昔からの友人、仕事でお知り合いになった方々などおおぜいのみなさんにご利用いただきました。
娘の家族も使えるようにと、二世帯山荘にしたものの、しばらく可能性はなさそうなので、ゲストハウスとしてみなさんに使っていただきたいと考えました。毎日の仕事で心身ともにお疲れのみなさん、しばし高原の爽やかな緑と風の中でリフレッシュしてみませんか?
欧米では自分の休暇を計画的に数週間とり、リフレッシュして、次の仕事に戻るスタイルが一般的です。日本人もこれからの時代を生き抜いていくためには、働くことばかりでは生産性があがりません。働くことと、自分の生活を調和させるワーク/ライフ・バランスがこれからの生き方に必要ではないでしょうか。
このゲストハウスはそのような考えに共感してくれるみなさんのために、週単位で生活できるように考えて、作られています。
有給休暇をつなげてゆっくり滞在していただくことを目的としています。
「取る権利はあるのに、回りの目を気にしてとれない」休暇では意味がありません。自立かつ計画的に権利を行使されることを強くお勧めします。

ほどほどの仕事もお持ちください。インターネットやPC、プリンタ、プロジェクタもありますので、リゾート型ワークやミーティングも可能です。でも仕事のあとはすぐ隣に、都会で味わえない自然の楽しみ方が待っています。たっぷりと充電してお帰りください。
疲れたらいつでも「高原へいらっしゃい」
---------------------------------------------------------
Tateshina Guest House Open in 2004 summer!
You can spend peaceful time in the fresh green forest and bracing wind of Tateshina highland.
Your busy days in urban life are already yesterday.
You can choose the house utilization,2LDK or 3LDK, fitting for numbers of guests.
You will enjoy slow life and really feel 
   
"This is Work & Life balance".
The Tateshina Guest House supports your happy time and memorable days.
The cottage provides modern mountain life and cooking with advanced living equipments and IT tools.

           【上へ戻る】